ビーズのテクニック

2013年04月05日

コードのテクニック 左右結び

左右結びの結び方です。

左右結び

左右結びのみでの完成サイズの約3倍の長さが必要になります。


リーフブレスレット
リーフコネクターとレザーコードの左右結びブレスレット。


左右結び
左右結びはこんな風に仕上がります。






ビーズアクセサリーパーツの販売





angelicavalac at 17:52|PermalinkTrackBack(0)

2013年03月24日

ラインストーンチェーンのブレスレット

ちょっと前に紹介したつゆ結びで簡単にできるラインストーンチェーンのブレスレットです。

ラインストーンチェーンブレスレット

一結びごとにラインチェーンを挟んでいくだけ。
ちなみにラインストーンは4mm、レザーコードは0.9mmを使用しています。



ビーズアクセサリーパーツの販売





angelicavalac at 16:33|PermalinkTrackBack(0)

2013年02月22日

コード使いのブレスレット

革以外のコードを使ったブレスレットをご紹介します。


2005bm1
太さ約1mmのワックスコードを使用しています。
途中一結びしながらビーズを通しています。
留め具は大きなターコイズです。

b511up
シルクコード約0.5mmを使用。
鎖編みひと目ごとにビーズを編みこんであります。
ビーズは、あらかじめコードに通しておいてから編み始めます。

b519up
シルクコードをひと結びしながらビーズを通します。(オールノット)
いろいろなビーズを通したコードが4連になったブレスレットです。


b465tup
レザーコードを芯に、ヘンプコードをビーズを通しながらタッチング結びをしたブレスレットです。
芯のレザーコードで留め具を作っているので、ヘンプだけで作るより丈夫です。

20130222b
天然石とヘンプコードの組み合わせ。
天然石はナイロンコートワイヤーに通し、つぶし玉(かしめ玉)とU字金具で処理しておきます。
ヘンプコードを左右のU字金具に3本ずつ通し、コードの中央で二つ折りにします。
それぞれ6本になったコードにビーズを通して、さらに左右まとめてビーズを通します。
コードを6本ずつまとめてひと結びして適度な長さを残して端を揃えて切り落とします。

20130222a
こちらも天然石とヘンプコードの組み合わせです。
ヘンプコードは三つ編みにして、余った部分はフリンジにしてかわいらしく仕上げました。

ビーズアクセサリーパーツの販売





angelicavalac at 15:44|PermalinkTrackBack(0)

2013年02月18日

コードのテクニック・つゆ結び

ラップブレスで有名なチャン・ルー。他にもいろいろなコード結びのブレスレットがありますね。
つゆ結びもそのひとつ。
今回はつゆ結びの方法をご紹介します。

20130218b
つゆ結び1回をxで表しています。
20130218a

例えば上図のように、つゆ結びを3回繰り返し左右のコードにビーズを交互に入れるのを繰り返すと次の画像のブレスレットのようになります。
k077up

その他のデザインです。

20130218
1mmの革ひもを使い、メタルビーズを入れながらつゆ結びを3回づつ繰り返します。留め具はボタンで。

b499up
2mmの革ひもを編んだもの。かなりボリュームが出ます。
太めのチェーンと合わせたデザインです。

b536up
途中1cmほどスペースを入れながら、つゆ結び5回を繰り返しました。1mmの革ひもです。
こちらもチェーンを使い、チェーンでサイズを調整できるようになっています。

つゆ結びだけで仕上げる場合、コードの長さは作りたい長さの約10倍必要となります。

ビーズアクセサリーパーツの販売





angelicavalac at 11:54|PermalinkTrackBack(0)

2012年05月05日

処理が楽なエンドキャップ

コード類の処理に使うエンドパーツにもいろいろ種類があります。

エンドパーツの記事

最近お気に入りなのが、コードを差し込んでペンチで押さえるだけのキャップ。
201205051
真ん中の部分が薄くなっています。

201205052
コードを差し込んで、真ん中の部分をペンチで押さえます。

201205053
JBBのデザイントグルで仕上げました。


ビーズアクセサリーパーツショップ




angelicavalac at 14:31|PermalinkTrackBack(0)

2011年10月05日

angelicaで販売のフラワーパーツのカンの開け方

メタルパーツのフラワーコネクターですが、カンの開け方にはコツがあります。

対象商品op408.op410.op411.op701〜op715

op706709mgupop710712msuppo701705mgupop713715msup

open1
フラワーパーツのカンに目打ちを差し込みます。

open2
ゆっくり押し広げていきます。

open3
カンが開いた状態。

パーツの中には納入時カンが開いたものもあります。
カンの開閉を何度も繰り返すと根元からとれてしまう場合があるので、最小限にとどめてくださいね。



ビーズアクセサリーパーツショップ



天然石アクセサリー&スワロフスキーアクセサリーショップ



angelicavalac at 12:48|PermalinkTrackBack(0)

2011年07月05日

オニオンカット天然石のワイヤーリング

P1040090
8mm程度の天然石オニオンカットのリング。
今回使用した天然石はカーネリアン、
ワイヤーはk14ゴールドフィルド0.41mmソフトタイプ。



P1040088
ワイヤー16僂鬟螢鵐伊世亡きつけてリングの芯を作ります。

2号ほど太いサイズのところで、ワイヤーの端2〜3cm残して
ワイヤーを一周巻きつけます。
カーネリアンをワイヤーに通して、もう一周巻きつけたら
カーネリアンの両脇でワイヤーの端を2回巻きつけます。
余りのワイヤーを切って引っ掛かりのないようにペンチで押さえます。


P10400882
50cmのワイヤーを半分に折って、リングの中心に一回巻きつけて
ペンチで押さえて固定させます。
片方のワイヤーを芯のワイヤーにカーネリアン方向に隙間なく巻きつけます。
芯のワイヤーから巻きつけるワイヤーが浮かないよう
指で押さえながら巻いていきます。
カーネリアンのところまで巻いたら、残りのワイヤーを
カーネリアンの根元に巻きつけます。
巻き終わりは先が指に触れないよう裏側のワイヤーのすき間に押し込みます。


P1040089
カーネリアンに巻きつけることでカーネリアンが安定します。

P1040091
カーネリアンのキャンディリングの出来上がり。
高さがあるので、各作業時はお外しください。


angelicavalac at 17:32|PermalinkTrackBack(0)

2009年02月15日

テグス使いのコツー初心者向け

■テグスの準備■

テグスは通常巻きで販売されているため、テグスを切って手を離すとクルンとまるまってしまいます。このまま使うと作品がきれいに仕上がらなかったり、作業の最中も扱いにくいものです。あらかじめ、湯気にあてたりお湯に通してのばしておきましょう。また、テグスの先を斜めに切ると、穴の小さいビーズに通しやすくなります。途中、テグスの先が軟らかくなりビーズに通しにくくなったら、やわらかくなった部分を切り落とします。そのためにテグスは長めに用意しておくとよいです。

 
■編み方を間違えないために■

テグス編みで作品を作るとき、途中で編む方向がわからなくなったり、レシピなどと仕上がりが違っていたりすることはありませんか。ビーズを拾うときにテグスを手から離してしまうと、モチーフが逆向きになってしまったり、途中から左右のテグスが逆になってしまうことがあります。


090210_1125~01

常に片方の手で2本のテグスを持ち、もう片方の手でビーズを拾うようにすると、そういう間違いがなくなりますし。作業の効率も上がります。

090210_1123~01

また、途中でどちら側のテグスかわからなくなってしまうのを防ぐために、テグスの先にマジックでレシピと同じ色を付ける手も。その場合、付いたマジックでテグスが若干太くなります。


■ビーズの穴にテグスが通りにくい場合■

編み方も複雑になって同じビーズに何回もテグスを通す場合、テグスが通りにくくなる場合があります。 090210_1131~01

テグスを通したいビーズに既に通してあるテグスの下に、目打ちや9ピン、Tピンを通してビーズを持ち上げるようにすると、穴が上向きになり、通しやすくなります。また、ビーズの穴がせまくなっている場合は、ペンチやピンセットでテグスをつまんで通すと、手で持つより簡単に通すことができます。




angelicavalac at 14:36|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月28日

ナイロンコートワイヤーの処理

つぶし玉を使う簡単な処理方法です。
(ボールチップを使う場合はこちら

作り始め
 ナイロンコートワイヤーの端の処理

ナイロンコートワイヤーにつぶし玉を通し、ワイヤーの先をつぶし玉に戻しいれ、輪を作ります。輪の大きさは、そこにつなげるカン等がスムーズに動く大きさにします。つぶし玉をつぶし、ワイヤーにビーズを通していきます。ビーズ数個のところで短いほうのワイヤーを切ります。


 最後の処理
ナイロンコートワイヤーの端の処理 

ナイロンコートワイヤーにつぶし玉を通し、作り初めと同じように輪にして、数個のビーズに戻し入れてから輪の大きさを調整してつぶし玉をつぶします。ビーズから出ているワイヤーを切ります。


U字金具 
U字金具やフレンチワイヤーを使うと仕上がりがきれいで、ワイヤーだけよりもカンが外れにくくなります。いずれもワイヤーの輪になる部分で使用します。
 

IMG_6410
フレンチワイヤー使用。


つぶし玉カバー 
つぶし玉にカバーをかぶせると仕上がりもきれいに。
また、ビーズとつぶし玉の隙間が大きすぎたときに大き目のカバーを付けると、多少解消されます。

IMG_6026 
つぶし玉カバー使用。ビーズのように見えます。



angelicavalac at 13:10|Permalink

ボールチップ(ナイロンコートワイヤーの処理)

ナイロンコートワイヤーをボールチップで処理する方法です。
(ボールチップを使用せずに処理するにはこちら


ナイロンコートワイヤー&ボールチップ 
ナイロンコートワイヤーに図のようにボールチップを通して、つぶし玉にナイロンコートワイヤーを2回通し、つぶし玉をつぶします。ナイロンコートワイヤーをボールチップに再度通し、2本どりでビーズを通していきビーズ数個のところで短いほうのワイヤーを切りボールチップを閉じます。


 ナイロンコートワイヤー&ボールチップ
 ビーズを通した後の処理も同様にします。 穴の小さいビーズでナイロンコートワイヤーが再度通らない場合は、つぶし玉をつぶした後、際2mmくらいのところで切ります。



angelicavalac at 10:11|Permalink