2015年10月02日

op609gの使用例

前回に引き続き、シャンデリアパーツの使用例です。
今回は本日発売のop609gを使用しています。

op609gb
3サイズのフープがTピンで留められたパーツです。

op609ga
もちろんそのままピアスに使っても素敵です。
このままTピンを9ピンに変えて、ビーズを下げてもいいのですね。


op609g1
一番大きいフープ2個使用。
下から、ビーズ、フープ、ビーズ、フープ、ビーズの順に通しています。
これは玉ピンですが、9ピンを使う場合もこのように下から作ったほうが楽です。

op609gc
小・中のフープを使用。
9ピンを使い、ドロップ型の天然石ビーズを付けました。

op609g2
フープ小を使用。
Tピンを使い、フープの下には何も通さず上にロンデルとコットンパールを付けました。

フープがくるくる回るように仕上げたいときは、ピン先を丸めるときに
フープやビーズとの間に少しすき間を残して丸めます。
すき間を残さずきっちり処理してしまうとフープが回らなくなりますので、ご注意くださいね。



メタルパーツ・天然石の販売

天然石アクセサリーショップ





angelicavalac at 10:46│TrackBack(0) メタルパーツ | デザイン

トラックバックURL