2013年02月22日

コード使いのブレスレット

革以外のコードを使ったブレスレットをご紹介します。


2005bm1
太さ約1mmのワックスコードを使用しています。
途中一結びしながらビーズを通しています。
留め具は大きなターコイズです。

b511up
シルクコード約0.5mmを使用。
鎖編みひと目ごとにビーズを編みこんであります。
ビーズは、あらかじめコードに通しておいてから編み始めます。

b519up
シルクコードをひと結びしながらビーズを通します。(オールノット)
いろいろなビーズを通したコードが4連になったブレスレットです。


b465tup
レザーコードを芯に、ヘンプコードをビーズを通しながらタッチング結びをしたブレスレットです。
芯のレザーコードで留め具を作っているので、ヘンプだけで作るより丈夫です。

20130222b
天然石とヘンプコードの組み合わせ。
天然石はナイロンコートワイヤーに通し、つぶし玉(かしめ玉)とU字金具で処理しておきます。
ヘンプコードを左右のU字金具に3本ずつ通し、コードの中央で二つ折りにします。
それぞれ6本になったコードにビーズを通して、さらに左右まとめてビーズを通します。
コードを6本ずつまとめてひと結びして適度な長さを残して端を揃えて切り落とします。

20130222a
こちらも天然石とヘンプコードの組み合わせです。
ヘンプコードは三つ編みにして、余った部分はフリンジにしてかわいらしく仕上げました。

ビーズアクセサリーパーツの販売





angelicavalac at 15:44│TrackBack(0) デザイン | ビーズのテクニック

トラックバックURL