2008年09月28日

ナイロンコートワイヤーの処理

つぶし玉を使う簡単な処理方法です。
(ボールチップを使う場合はこちら

作り始め
 ナイロンコートワイヤーの端の処理

ナイロンコートワイヤーにつぶし玉を通し、ワイヤーの先をつぶし玉に戻しいれ、輪を作ります。輪の大きさは、そこにつなげるカン等がスムーズに動く大きさにします。つぶし玉をつぶし、ワイヤーにビーズを通していきます。ビーズ数個のところで短いほうのワイヤーを切ります。


 最後の処理
ナイロンコートワイヤーの端の処理 

ナイロンコートワイヤーにつぶし玉を通し、作り初めと同じように輪にして、数個のビーズに戻し入れてから輪の大きさを調整してつぶし玉をつぶします。ビーズから出ているワイヤーを切ります。


U字金具 
U字金具やフレンチワイヤーを使うと仕上がりがきれいで、ワイヤーだけよりもカンが外れにくくなります。いずれもワイヤーの輪になる部分で使用します。
 

IMG_6410
フレンチワイヤー使用。


つぶし玉カバー 
つぶし玉にカバーをかぶせると仕上がりもきれいに。
また、ビーズとつぶし玉の隙間が大きすぎたときに大き目のカバーを付けると、多少解消されます。

IMG_6026 
つぶし玉カバー使用。ビーズのように見えます。



angelicavalac at 13:10│ ビーズのテクニック | ナイロンコートワイヤー